■蛹草紙■

真夜中更新の日記は あまニガ~い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

謝辞

毎年恒例の浮かれぽんちなクリスマス電飾が、
心なしか少なくなった気がする今日この頃。
皆様いかがお過ごしですか。

ブログ■蛹草紙■は、今回をもって終了いたします。
何年にも渡って読んでくれた方、コメントをくれた方、
今までどうもありがとうございました。
皆様に幸多かれ。マジで。

過去の記事は個人的な記録として残します。
で、これからのことは・・・新たな場所に書こうかなと。
ちょと スタイルを変えまして。

こことは ほぼ関係ない内容になると思うので、
敢えてリンクは せず。
どんなクダらない内容か、興味のある方は
「天慶庵」という語句で検索してみてください。
そのブログの主が■辰■であるとは限りませんが・・・。

ではでは。良い年末年始を。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/21(金) 15:17:02|
  2. このブログについて|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

方向中居

オレの方向音痴加減は かなりのものだ・という自覚があって、
こういう話をすると「ああ、僕も方向音痴なんですよ」
などと気楽に応じてくれる人もいるが、

気楽に言うな。

と、内心思っています。オレの方向音痴は、
一般的な方向音痴とはケタが違いますよ、と。

見えている建物に辿り着けない・・・
入ってきたドアがわからない・・・
目的地の前まで来ているのに気付かない・・・

まあ、いろいろあります。

東西南北の概念を、長いこと理解できなかったことも
大いに関係があるんだろうな。
北と南には果てがあるのに、東と西には いくらでも行けるって、
おかしいよねえ?

それは さておき。

オレ的方向音痴の厄介なところは、
「何度も通った道を覚えられない」以上に、
「一度も通っていない道を『コレだ』と思ってしまう」
ところにあると思うので。
つまり、空間に関する記憶の「捏造力」の度合いが甚だしい。
そう考えると、捏造力というのも、あまり役に立たないんだろうな。
道に迷って良いことに出会った・なんて、滅多にないもんね。

最近はナビとかストリートビューとか、便利で良いです。
お出かけ前には、しっかり予習して。
それでも迷ったら、お昼にお日様の出ている方が ほぼ南。
曇りの日は、衛星放送のアンテナが向いている方が ほぼ南。
そんなことを考えながら外出してるヤツもいるのです。
学生時代に、理科をちゃんとやっとけばよかったなあ。
  1. 2012/12/18(火) 09:17:45|
  2. 個人的なこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

捏造力。

このブログの最終回には アレを書こう、いやコレを・・・
などと考え、予告したことも何度かあるのだけど、
それらは ぜんぶやめて、「方向音痴」について書くことに。

そして「半年後くらい」とも書いた、その「半年後」が迫ってきて。
再開するにしても、少し趣向を変えてみようかな・・・
などとも考えています。

その前に とりあえず、「記憶」の続きについて。

[捏造力。]の続きを読む
  1. 2012/12/14(金) 11:34:33|
  2. 世間ばなし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

記憶

細野晴臣氏の「MAKING OF NON-STANDARD MUSIC」。

このオマケコミックの中の漫画に、
「我々は毎秒xx個のニュートリノに貫通されて生きている」
・・・の ようなことが書かれてあった記憶があって。
それはオレがアホガキのときの記憶であるわけなのだけど、
「アホ」か「ガキ」が取れた今・読めば、もっと楽しめるのではないか?
そういうことが、何年か前から気になっていて。
今回、安く手に入れることができたので、記憶を辿り読み返してみる。

そして「ニュートリノ」の記述は、どこにもないことを確認する。

・・・記憶違いだ。他の、似たような本だったんだろうか。

コンテンツに関する感想は、今回はパス・ということにして、
「記憶」なんていう曖昧な、目に見えない不確かなモノに、
我々は随分支配されているもんだなあ、と思ったわけです。
どんな物質主義の人でも、自分や他人の「記憶」に頼って行動する。

自分が昨日、ひとりで食ったメシのメニューは、
自分ひとりが忘れてしまえば「なかったこと」になるわけです。
米でもパンでも、キャビアのフォアグラでも、何でもよくなるわけです。

オレがなぜ、気に入っていたこのオマケ本を、本だけをなくしたか?
その頃、手クセの良くない友人が よくウチに遊びに来ていたな、
アイツもこの本のことを気に入っていたな・・・

そういう記憶も、本当かどうかアヤしい。確かめようがないわけです。

そういうことについて、今後少し考えてみるとして。
用済みとなったオマケ付きレコードは、再び中古屋さんへ。恐らく。
  1. 2012/11/25(日) 10:02:08|
  2. 世間ばなし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

28年前の・・・

■↓中古で購入。レコード。

2012111601.jpg


■↓オマケのコミックが目的。

2012111602.jpg


いろいろあって、二度目の購入になったわけなのだけど。
それなりに、、、感想も いろいろあって。
それらについては、また追々。
  1. 2012/11/17(土) 18:35:41|
  2. 音楽のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

辰

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。